カントン包茎の痛みを完全に取るには治療が必要

カントン包茎は痛みを感じやすい

カントン包茎の場合には、包皮口が狭いために無理に亀頭を露出しようとすると締め付けによる痛みが発生します。
皮膚が引き裂かれるように非常に強い痛みを感じることもありますので、気になってしまう人が多いようです。
また、亀頭を無理に露出した時に包皮が腫れて元に戻せなくなり、血行が阻害される時もありますので注意が必要です。
血行が阻害されると包皮や亀頭部分が壊死する可能性がありますし、重篤な症状が引き起こされるケースもあります。
機能面に関しても問題があるのですが、やはりカントン包茎というと気になるのは痛みですので、痛みから解放されるために治療を開始する人も少なくありません。
自力でカントン包茎を治そうとする人もいるのですが、やはりきちんと治すためには医療機関での治療が必要となります。
安全に改善するために、まずはカントン包茎の症状に詳しいクリニックをたずね、どのような治療があるのかを確認することが大切です。

カントン包茎で悩んだらクリニックを受診

カントン包茎で悩んでいるのなら、クリニックを受診する必要があります。
根本的に解決するには、ペニスにメスを入れる必要がありますが、メスで切ること自体が怖いと感じて躊躇する人もいます。
確かにメスを入れることには不安を感じますが、放っておくと繰り返し炎症が起きて包皮が固くなったり、場合によっては裂けてしまうこともあるため、早めに相談することが重要です。

手術にはいくつかの方法があり、マイクロカット法は一人一人に合わせた形状にすることができます。
マイクロVカット法というものもあり、こちらは一番敏感な部分である小帯を残した施術法となり、術後も感覚が鈍ることがありません。
ナチュラルカット法は切開と縫合に形成の技術を使うことにより、治療痕がほとんど目立ちませんので、治療を受けたことを誰にも知られたくない人に向いています。

これらが主な手術方式であり、料金はマイクロカット法がもっとも安価です。

まとめ

カントン包茎になると、包皮口が狭いために亀頭を露出する時に痛みを感じます。
無理に露出した時に包皮が腫れて元に戻せなくなり、壊死してしまうこともあります。
痛みから解放されるには手術を受けるしかありませんが、最近では安全に受けられるようになっているため、心配はいりません。

治療ではメスを入れることになり、最も安価なのがマイクロカット法です。
他にもマイクロVカット法やナチュラルカット法があり、それぞれの特徴を把握する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。