カントン包茎の痛みを軽減するコツ

カントン包茎は痛みを伴う包茎です

男性は年齢を重ねる内に身体が大きくなり、男性器もそれに伴い成熟してゆきます。
陰茎部の海綿体に血流が流れ込むことで膨張し、亀頭部が露出するようになることが勃起です。
勃起は性的な興奮や接触で起こることが知られており、勃起に伴い刺激をさらに加えると射精することが男性機能になります。

勃起をする時に痛みがある状態はカントン包茎と言い、主な原因としては包皮口が狭いことで起こることが知られているのです。
陰茎部が刺激によって大きくなる段階で、包皮部分が邪魔になってしまいしっかり剥けなかったり、剥けても痛みがあるような状態がカントン包茎と言います。
無理をして包皮を剥いてしまうと元に戻らずに、亀頭先端部が鬱血してしまい最悪のケースでは壊死を招いてしまうのです。
だからこそカントン包茎は見逃してはいけません。
カントン包茎を自己判断で軽減するようなことは医学的には推奨されておらず、外科手術によって治療を行うことが推奨されております。

カントン包茎の危険性とデメリット

カントン包茎の状態は真性包茎と仮性包茎の症状と合併することもあります。
仮性包茎は自分で包皮を指などで剥くことも出来ますし、勃起時に自然と亀頭部が露出する状態になります。
カントン包茎が仮性と違うのは、剥けた時に突っ張り感や痛みを伴うことであり、皮が陰茎部を外側から締め付けることで血行障害を起こすことが大きな違いになるのです。

また真性包茎は亀頭が露出しなかったり、指などで露出させても反転してすぐに戻ってしまう状態になります。
カントン包茎でも同様のことが起こる場合がありますので、素人判断ではなく臨床経験が豊富な医師の診断で症状を見極める必要があるのです。

カントン包茎は日常生活での支障や、自慰行為や性交渉を阻害してしまう状態のために、保険適用での治療と手術で負担軽減を行えます。
医師の判断により保険適用が決定されますので、仮性包茎かカントン包茎かなどの判断がつきにくい時には、病院での診察を受けなければなりません。

まとめ

無理に力を入れれば包茎状態から、亀頭を露出させることの出来るカントン包茎ですが、包皮口の狭さや皮膚の不足などが原因で勃起時に痛みが発生することがある状態です。
放っておくと鬱血や内出血などを起こす危険性があるために、痛みを感じたり違和感がある時には美容クリニックや泌尿器科での診察が必要になります。

包茎は包皮と亀頭部にゴミが溜まりやすかったり、早漏や性病にかかるリスクが高まることで知られているのです。
カントン包茎はそれらに加えて、勃起時の痛みや鬱血などを招いてしまうので早急な治療が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。