カントン包茎の場合は自分で解決しようとすると痛みが増す

カントン包茎の痛みは自分で解決したらいけません

包皮口が狭いことで包皮の皮が剥けにくかったり、剥いて亀頭部を露出させても痛みが発生するカントン包茎は、自分で治療をしようとしても逆効果になってしまいます。
陰茎には無数の神経と血管が集中しており、性的興奮を覚えると陰茎の海綿体に血流が流れることで勃起する仕組みになっているのです。
子孫繁栄のための性交渉では、勃起して行うことが必要になります。

カントン包茎は勃起時に亀頭が露出する際に、皮によって勃起状態で痛みが発生したり、血流が阻害されて鬱血を起こすことがあるのです。
自分で皮を剥いて癖を付けたりなどは若干の改善効果もあるかもしれませんが、繰り返すことで無理が生じて血管や神経を傷付けてしまう恐れもあります。
その結果内出血や神経の損傷が起こってしまうのです。

痛みや鬱血が繰り返されて、勃起時の障害を感じたのならば、根本的な解決は泌尿器科や美容クリニックでの外科手術が必要になります。
カントン包茎は放っておいても治りません。

痛みがある状態は危険なカントン包茎について

包皮口が狭いことで亀頭部が露出し難かったり、根元まで剥けても痛みや圧迫感があるなど、カントン包茎の症状には個人差があります。
無理をして剥いてしまうと皮が元に戻らなくなり、血管の血流を阻害して鬱血したり壊死を起こしてしまう危険性も少なくありません。
ケースバイケースになりますが、医師による診断と手術が必要になります。

外科手術は診察の後に医師による説明で詳しく解説してもらえますが、平常時と勃起時のデータを元にして3次元構造で包皮を切除縫合することで支障のない状態を目指します。
包皮口が狭い場合などは比較的に簡易的な手術で済みますが、癒着を起こしていたり皮膚が足らないなどの状況では入院が必要になる場合もあるので診察相談をすることが重要です。
治療出来な病気ではなく日本全国で数多くの臨床があり、包茎治療のスペシャリストがいる分野なので評判を頼りに診察を受けることがおすすめになります。

まとめ

カントン包茎は包茎の中でも比較的に重い症状だと言われており、日常生活にもストレスや支障を持っている人がおります。
デリケートな性器という部分の悩みなので、通院や診察の足が遠ざかってしまいますが、決して恥ずかしいことではないので受診を受けることがおすすめです。

放っておくと痛みの継続や鬱血などのデメリットもあるために、時間と気持ちのゆとりのある時期に外科手術を受けることが大切になります。
保険適用になるので費用的な出費は抑えられていて安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です