カントン包茎は真性包茎とは違う痛み

痛みを伴うカントン包茎について

男性器は大人になるにつれて大きくなってゆき、性交時に子孫を残すための機能が発達してゆきます。
その一つに海綿体に血流が流れ込んで、陰茎が屹立する勃起がありますが、男性機能として障害が起こってしまい満足に勃起が出来ない状態になるケースがあるのです。
それがカントン包茎になります。

カントン包茎は亀頭部を包む包皮の長さが不足していたり、先端部の径が狭いことで勃起時に痛みを伴う状態になるのです。
海綿体に血流が流れることで陰茎は大きくなりますが、皮の部分の長さが足らないことで外側から圧迫してしまい、結果的に痛みや鬱血を起こしてしまうことになります。

痛みだけでも苦しいですが、鬱血することによって亀頭先端部に血液が十分に流れないことによって、機能不全を起こしてしまう可能性も少なくありません。
重大な状態では壊死などを起こす可能性すらあるのです。
だからこそカントン包茎は、痛みや鬱血を防ぐ意味でも外科治療をした方がいいと言われております。

真性包茎とカントン包茎について

カントン包茎は包皮先端部の径が狭いことにより、陰茎部が大きくなることにより内部から圧迫してしまう状態です。
また包皮の長さが足らずに、陰茎部が増大すると亀頭部に包皮が接触してしまい鬱血することもあります。
どちらの状態も性交時に痛みがあり、放っておくと症状がより悪化してしまうことも考えられるのです。

真性包茎は逆に包皮が余っている状態であり、陰茎が大きく勃起しても亀頭部が満足に露出しないこともあります。
射精障害や癒着や皮に包まれていることで悪臭の原因になったりなど、カントン包茎ほど症状は重くありませんが、デメリットも数多くあることが特徴です。

真性包茎もカントン包茎も外科手術で原因を解消出来ますし、多くの場合は保険適用での治療が可能になります。
費用的な負担が少なくコンプレックスと、機能改善が出来るので積極的に治療を受けることがおすすめです。
羞恥心はあるかもしれませんが、クオリティの高い人生を考えるのならば診察から相談をしてみることがおすすめになります。

まとめ

カントン包茎は主に亀頭部を包む包皮の長さが不足していたり、先端部の径が狭いことが原因で起こる症状です。
通常時には問題なく過ごすことが出来ることが大半だと言われておりますが、勃起時には痛みや鬱血が発生するために治療が必要です。

男性器には個人差が大きいために、前述したような状態ではないけれど、カントン包茎と診察されることもあります。
真性包茎と対比して紹介されますが、真性包茎とカントン包茎の特徴を備えているケースもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です